本サイトは、お使いの端末に最適化されていません。
最新端末でのご利用を推奨いたします。

DAY1 12.16 THU

DAY1 12.16 THU 15:00 – 15:30


技術 マネジメント

東京2020大会における東京電力のサイバーセキュリティ

  • 東京電力ホールディングス株式会社

    セキュリティ統括室 セキュリティ統括室長

    谷口 浩氏



  •   





  • 東京電力ホールディングス株式会社

    セキュリティ統括室 スペシャリスト (サイバーセキュリティ)

    木田 宗志氏



  •   

当社は東京2020大会の開会式会場、競技会場、報道・放送センター、選手村等への電力供給を担った。大会期間中に電力供給支障はなく、東京2020大会を無事支えることができた。
2012年のロンドン五輪では電力インフラがサイバー攻撃で狙われ、2015年と2016年にはウクライナでサイバー攻撃により停電が発生。国外で電力インフラに対するサイバー攻撃が続く中、電力の安定供給を使命とする当社は、東京2020大会に向けたサイバーセキュリティ対策に万全を期す必要があった。
このため当社は数年をかけて、サイバーセキュリティ対策の抜本的な強化を実施。また、2020年春からの新型コロナウィルス感染拡大を受け、コロナ禍を前提としたインシデント対応体制を構築。大会期間中はこの体制で臨んだ。
本発表では、当社が東京2020大会に向け準備した内容や大会期間中に実施した事項をCSIRTコミュニティの中で共有させていただきたい。

タイムテーブルに戻る

お問い合わせ

本イベントについて、問い合わせがある際は、
下記メールアドレスにお問い合わせください。

nca-conference-2021@nca.gr.jp